FC2ブログ

京王電鉄の担当者から返事が参りました

 3月8日のブログで、京王電鉄の社長に「タバコポイ捨て」について手紙を送っておいたところ、このほど、担当セクションから丁重な、そして前向きな返事を頂きました。さっそく、環境政策課の石塚氏にもこの手紙のコピーを送り、また、このほど、駅前で街頭演説をしていた、世田谷区議のひうち優子氏にも、「ポイ捨て問題」について手紙を送ったところ、折り返しメールを頂き、この問題について取り組んでいく旨のメールを頂きました。
 以下に、京王電鉄の難波氏からの手紙を紹介させて頂きます。

渡辺 文学 様
 京正電鉄株式会社 鉄道営業部 旅客サービス課の難波と申します。
 この度、渡辺様からお手紙を頂戴し、タバコのポイ捨てに関するご意見につきまして担当部署を統括しております私よりご回答させていただきます。
 日頃から、きれいな街への取り組みを推進され、ありがとうございます。渡辺様がご指摘されているタバコのポイ捨てにつきましては、一部のマナー違反により非常に不快な思いをさせる問題であると認識しております。当社では、駅構内を全面禁煙としておりますが、駅の外ではご連絡いただいた実態であるとのことで非常に残念に感じております。
 駅においては、年に数回、駅係員による駅周辺の清掃活動を実施しておりますが、いただきましたご意見を踏まえて、この取り組み以外にも弊社としてできることを検討し駅周辺を含めて美化への取り組みを推進してまいりたいと思います。
 この度は貴重なご意見ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
平成31年3月15日
                                       京正電鉄株式会社 鉄道営業部 旅客サービス課 難波 政則
スポンサーサイト

京王電鉄社長にタバコポイ捨て根絶の協力依頼!

京王電鉄㈱社長 紅村康 様
 私は、1昨年4月から、京王線芦花公園駅周辺のタバコの吸い殻を拾って歩き、5月31日の「世界禁煙デー」までを一つの区切りとして継続しました。本年1月20日からまた再開し、現在、毎朝7時半~8時半の間の30分間ほど、南烏山3丁目~芦花公園駅までとその周辺、そして旧甲州街道を歩いて、タバコの吸い殻を拾って歩いています。多くの吸い殻の中には、火のついたままのタバコも見受けられます。「ポイ捨て」をしているほとんどの人は、恐らく貴京王線の利用者だと思います。
 最近、山火事や家屋の火災で「タバコの火の不始末」がかなり多くを占めていることが「消防白書」でも指摘されています。20年ほど前の「釧路湿原火災」では「タバコの火の投げ捨てが原因」と断定されていました。たった1本のタバコの火の不始末が、天然記念物の湿原に大きな被害を及ぼすこととなったのです。
 タバコの有害性についてWHOでは「予防可能な最大の疫病」と位置づけて、規制対策を促し、2005年2月には、公衆衛生分野での初の国際条約として「タバコ規制枠組み条約」(国際禁煙条約)を発効させて、抜本的な取り組みを世界各国に促しています。
特に強調していることは「100%煙のない社会環境」を国・自治体・民間企業が責任をもって推進すべきという点です。
  東京オリンピックの開催を前にしたこの機会に、受動喫煙被害の根絶と火災予防の観点から、世田谷区ともタイアップして頂き「歩行喫煙⇒ポイ捨て禁止」の徹底的なキャンペーンを展開して下さるよう、よろしくお願い申しあげます。
※(世田谷区南烏山在住:渡辺文学)

嫌煙権運動40年と今後の課題

 1978年2月18日、四谷の小さな会議室で「嫌煙権確立をめざす人びとの会」の発足総会を行い、昨年、40周年を迎えました。
 私は、反公害運動と嫌煙権運動の2足の草鞋で取り組んでいましたが、1987年11月、東京で「タバコか健康か世界会議」の開催をきっかけに、平山雄先生と「たばこ問題情報センター」をスタートさせ、禁煙・嫌煙権運動に専念することとしました。
この40年間で、日本の状況は大きく変わりました。病院、学校、公共の場、交通機関、野球場、競技場などの喫煙規制は当たり前となり、タバコの看板や電車の中吊り広告も消えました。
 ■公共の場所、交通機関の規制進む
 1978年当時、新幹線「こだま号」にたった1両の禁煙車があったのみでした。国鉄本社に何度も足を運びましたが、聞く耳持たずでした。署名運動や国会の委員会で運輸省に質問してもらいましたが、全くらちがあきません。そこで、1980年4月、伊佐山芳郎氏が弁護団長となって、国鉄を相手どり「全ての列車の半数以上を禁煙車に」を求めて訴訟を起こしました。この訴訟は1987年3月、原告の訴えは棄却されましたが、すでに30%以上の禁煙車が設けられており、原告・弁護団は「実質勝訴」として控訴せず、判決が確定しました。
 ■「愛煙家」という言葉を死語に
 問題は職場と飲食店です。多くの国々が罰則付きで「屋内全面禁煙」を実施しています。実は、喫煙者の70%以上は、内心「やめられればやめたい」と思っています。喫煙者は決して「煙を愛して」いるわけではありません。この言葉は、専売公社が、「愛妻家」「愛犬家」というプラスイメージの言葉に「煙」を当てはめたのがルーツであり、なくすべきです。タバコが「嗜好品」と捉えられているのも問題です。
 ■タバコで国は大赤字
 医療経済研究機構が、数年前にまとめた数字があります。タバコによって医療費、火災、メンテナンスなどで大幅な赤字となっており、それらを合わせたコストは7兆円を上回るという数字でした。国家財政にとっては大赤字となっていることを、なぜ隠しているのでしょうか。
 ■国際条約の順守を
 WHOは、ブルントラント前事務局長の取り組みで「タバコ規制枠組み条約」(FCTC)を作成しました。この条約の目的は「タバコ消費の削減」と「屋内全面禁煙」です。そのために、警告表示の強化、タバコ値上げなどのガイドラインが定められていますが、日本政府は極めて消極的です。
 ■「たばこ事業法」を廃止せよ
 「たばこ事業法」は上記の国際条約にも全く反しており、早急に廃止すべきです。また、タバコの監督官庁が財務省というのも大きな問題で、厚生労働省に移管することが重要です。さらに、政府がJTの株を3割以上も保有しており、これも海外各国から奇異の目で見られていることを指摘しておきたいと思います。
 昨年、国会で「改正健康増進法」が、また、東京都議会や千葉市議会ではより厳しい「受動喫煙防止条例」が制定されました。
 今後タバコは(加熱式を含め)、「吸いづらい」「売りづらい」「買いづらい」社会環境をめざして取り組んでいくことが最重要課題です。 ※【『みんなの嫌煙権』(No.8/2019年2月18日発行号)より】


ポイ捨てタバコ考:年間9億本?

 朝日新聞の1月15日号(夕刊)「Q&A」で「エコ」と題して海に流れ出す「マイクロプラスティック」の問題が取り上げられていました。「生き物への悪影響が心配されているけど、たばこの吸い殻も海の汚染の原因だと聞いたことがある。どういうことかな?」という問い(Q)に対して、国際的な海岸清掃を1986年から先導してきたNGO「オーシャンコンサーバンシー」によれば、(A)「2017年に世界各地で行われた海岸清掃で、たばこの吸い殻は241万本が回収され、集めたごみの3分の1にのぼる」、と結論しています。たばこの吸い殻には発がん物質が含まれ、有害物質の種類はニコチンや重金属のカドミウムなど200種類以上にのぼり、これが海に溶け出すおそれがあると警告。そして、たばこの吸い殻が海に入ると、残っているフィルターの主な原因は、木材と石油からつくる半合成繊維の「アセテート繊維」で、米サンディエゴ州立大学の研究チームは「自然界に長い間残り続け、10年ほど有害物質が漏れ出すおそれがある」と指摘しています。 「海岸で241万本」というたいへんな数字ではありますが、では「街中」(陸上)では一体何百万、何千万本になっているのでしょうか。
 私は、一昨年から不定期ですが、京王線芦花公園駅の周囲を、朝散歩がてらにタバコの吸い殻とゴミ(空き缶、ペットボトル、紙くずなど)を拾って歩いています。今年は、1月20日から再開し、以下のようになっていました。
【1月20日(77本)/21日(145本)/22日(132本)/23日(98本)/24日(108本)/25日(58本)/26日(58本)➡1週間計676本】
 たった一つの私鉄の駅の周辺、しかも朝30分だけの散歩タイムで約700本もの吸い殻が落ちているわけですから、日本全国の駅の周辺、繁華街、道路に落ちている吸い殻の数は一体どのくらいになるのでしょうか。
 ここで、はっきりとした数字を出すのは極めて困難ですが、紙巻きタバコの販売本数が約900億本(2018年)ですから、そのうちたった1%としても年間9億本ものタバコがポイ捨てされていると推定されます。この数字、少な過ぎますかナ。

気になる言葉=「吸う人も吸わない人も快適に過ごせる街を実現する」、

 「吸う人も吸わない人も快適に過ごせる街を実現する」ーこの言葉は12月7日、都独自の受動喫煙防止を周知するため、「健康ファースト」と打ち出したシンボルマークを発表した際、記者会見で小池都知事が語った言葉です。
 しかし、この表現はJTが盛んに主張している言葉と全く同じですね。「吸う人も吸わない人も仲良く」などと、勝手なことを言っていますが、これはむしろ、喫煙者が内心やめたいと思いながら吸っていることに対して、神経逆なでの言葉ではないでしょうか。
 非喫煙者が、タバコを吸えない場所がどんどん増えていることを歓迎するのは当然ですが、喫煙者は内心怒っているというのが実態でしょう。「吸う人も吸わない人も快適に…」というのは欺瞞です。
 「言葉」というのはとても重要で、例えば、日本でタバコ問題に大きな注目が集まったのは、41年前にコピーライター中田みどり氏が提唱した「嫌煙権」がキーワードとなってその後の「禁煙運動」の大きな水先案内となったのは皆さまご存知のことと思います。
 また「愛煙家」という言葉がありますが、これも現実を無視した表現で、「煙」を愛している人などほとんどおりません。この言葉は、JTの前身、日本専売公社時代に、「愛妻家」「愛犬家」などプラスイメージの言葉の「妻」「犬」に「煙」を当てはめて、「愛煙家」としたのがルーツであり、やめたいと思いながら吸っている多くの喫煙者は決して煙を愛しているわけではないのです。
 「嗜好品」も問題です。誰でも、いくつかの趣味や嗜好を持っていますが、タバコ以外に「やめたい」と思いながら続けている「趣味」や「嗜好」はないはずです。
 この「愛煙家」と「嗜好品」という言葉が、多くの日本人、特にタバコを吸わない人にも悪影響を与えていると私は考えています。
 「愛煙家」「嗜好品」「吸う人も吸わない人も快適に」などという言葉・表現をなくしていくことが、日本におけるタバコ問題解決の重要な課題と思います。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる