FC2ブログ

環境省の若手官僚「タバコと環境」についての問題意識なし

 本日12時から、田中けん氏のアレンジで、参議院議員会館・みんなの党の控室で環境省の若手官僚によるレクがありました。
まず、「自動車・家電・古紙のリサイクル問題」の説明があり、その後「ポイ捨てタバコ」について全国1741市町村へのアンケート調査についての解説がなされました。
 小生からは、まず今年1月20日から現在まで続いている、京王線・芦花公園駅周辺の朝の散歩の際の「吸い殻拾いのリスト」を提示して、8月31日迄の吸い殻本数が1万本を超えたことを説明しました。そして、私鉄の小さな駅の周辺の朝30分の僅かな時間でも、これだけ落ちているー都内全域、日本全国ではいったい何十万、何百万のポイ捨てタバコがあるのか、とんでもない数になっているはず、とコメントしました。
 次いで、禁煙医師連盟通信の第28号で、横浜市大大学院研究科の石田雅彦氏が「ポイ捨てタバコの深刻な環境汚染を考える」と題した原稿のコピー(1~3頁)と4頁には『しんぶん赤旗』(19.3.12)で徳永慎二記者が書いた「海が泣いている」-タバコの吸い殻汚染 ヒ素・鉛・銅・発がん性物質など検出もーの記事を紹介し、タバコが重要な環境問題・国際問題になっていることを強く訴え、JTの製造者責任について追及しました。
 しかし、本日出席した環境省の若手官僚4氏は、「タバコと環境」についての問題意識はほとんどなかったようです。

スポンサーサイト



映画「ワンス・アポンナ・タイム」を観て

「ワンス・アポンナ・タイム in ハリウッド」を観て

今、映画評で話題となっている「ワンス・アポンナ・タイム in ハリウッド」を観てきました。人気俳優のレオナルド・デカプリオとブラッド・ピットの二人が主演でしたが、とにもかくにも、最初から最後まで二人の喫煙シーンばかり。タバコを吸っていないシーンの方が少ないくらいで、めったやたらとプカプカ吸っているのです。この二人の他にも、女優が吸う、他の助演者も吸う、まるでタバコ礼賛の映画でした。
 映画を観終わてすぐに、その映画館の中で、無煙映画大賞の審査委員長・見上喜美江さんに電話をしました。「無煙映画」を推薦する一方、喫煙シーンが沢山出てくる映画に対して「汚い灰皿賞」も選んで指摘していますので、私は「これまでの映画の中でワースト1ではないかと思いますよ」と見上委員長に訴えました。
 さらにひどいと思ったのは、映画が終わって、最後の出演者の字幕や音楽が流れているその際に、デカプリオが出てきて「レッド・アップル(タバコの銘柄)は素晴らしい」などと言いながらの喫煙シーンをわざわざ挿入しているのには驚き呆れました。
 これまでの全ての映画史上、最悪の喫煙シーンばかりの映画だったと思っています。
 とんでもない映画でした。

100回目迎えた「タバコフリー銭湯の会」

 8月24日、練馬の久松湯という銭湯で「タバコフリー銭湯の会」の第100回目が行われました。
 8年前、2011年にスタートした際は「スモークフリー銭湯の会」で、この名称のまま、ずっと99回目まで毎月1回、都内各区の銭湯に入ったあと、その銭湯の近くにある禁煙の飲食店で楽しく懇談、というスタイルで継続してきました。代表は、大の銭湯ファンの寺嶋法子さん。普段は自転車で近くの銭湯を巡っていました。東京都の銭湯組合が企画した「銭湯お遍路巡り」も1冊・88か所の銭湯のスタンプを押す欄があり、難なくこれをクリアして、現在は270軒ほどの銭湯を訪ねています。
 私も銭湯が大好きで、週に最低2回は世田谷、渋谷、杉並、新宿、そして銭湯の会の銭湯を巡っていますが、寺嶋さんにはとても敵いません。銭湯の良いところ。それはまず、のびのびと手足を伸ばせることです。自宅のマンションの風呂は狭くて、手足を縮めて入っていますが、銭湯は伸ばし放題です。そして、露天風呂と水風呂、ジャグジー、電気風呂など、バラエテイーに富んだ入り方が出来るのが嬉しいですね。特に私が好きなのが水風呂です。冬のさ中でも、よく温まった後、水温15度~18度の冷たい水風呂に入って体を冷やします。約1分。そしてまた熱い風呂に入って1分。これを最低5回は繰り返します。これで湯冷めは全くなし。夏は夏で、猛暑の中、水風呂に入って冷をとると、体がしゃんとしますね。そして電気風呂とジャグジーで背中、腰をトリートメントすると、疲れがどこかに飛んでいきます。
 8月24日は、ハプニングがありました。久松湯から出て、寺嶋さんが「食べログ」で見つけて予約していたお店に行ったところ、「禁煙」はランチタイムだけで、夜は喫煙OKの店だったのです。店には二組ほど客がおり、吸ってはいませんでしたが、参加した平田信夫さんから「100回記念の日に喫煙店ではいかがか」という声もあり、佐々木恵司氏も同様の意見で急遽その店を出ました。
 ぶらぶら歩いて禁煙の店を探していたところ、佐々木氏が、蕎麦屋の前で指を指しています。「あだちや」という蕎麦店で、お店の前に「禁煙」という表示がはっきり書いてあり、一も二もなく、すぐその店に入りました。さっそくビールで乾杯。枝豆、板わさ、天ぷらもとても美味しく、私は〆に上カツ丼を食べて、大満足でした。
 「タバコフリー銭湯の会」、私が用意した色紙には、佐々木氏が「200回めざして続けましょう」と書いてありましたが、するとあと8年後となります。果たして90歳まで元気で銭湯通いが出来ますかどうか…(笑)。

映画「田園の守り人たち」を観て

映画「田園の守り人たち」を観て

事務所から徒歩7分の神保町交差点のすぐ近くに「岩波ホール」があります。
岩波ホールは、ヨーロッパの映画を中心に、素晴らしい映画を選んで上映している映画館ですが、一度も入ったことがありませんでした。
「一度ぜひ…」と思いながら過ごしていましたが、7月26日、「母なる大地で女たちは、愛の種を撒き、人生の実を刈り取っていく―」という看板のタイトルに目を惹かれ、初めて岩波ホールに足を運びました。
 映画は、第一次世界大戦下のフランスで、出征した男たちに代わり、必死に農場を守り続けた3人の女たちの物語です。映画の戦場場面は、未亡人の次男が戦場から一旦帰ってきた際の幻想シーンがたった1回あっただけですが、完全な反戦映画でしたね。
映画のチラシから少し。―「1915年第一次世界大戦下のフランス。ミレーの絵画を思わせる美しい田園風景。二人の息子を西部戦線に送り出した農園の未亡人オルタンスは、やはり夫を戦場にとられている娘ソランジュとともに、冬を前に種まきに備えなければならない。オルタンスは若い働き手フランシーヌを雇い入れる。誠実な彼女は女主人の信頼を得て、家族同然に暮らし始める。女たちだけではなく、前線から一時休暇で帰ってきた次男ジョルジュは、慎ましやかなフランシーヌに惹かれて……。」
2時間20分の映画でしたが、男たちに代わって一所懸命に農場を耕す女たちの働く場面と、次男とフランシーヌの「愛」の場面が印象的でした。
ところで、この夜の岩波ホールでこの映画を観ていた人は、なんと6名。220席の館内に、わずか6名とは……。入場率はなんと2.7%という観客で、これでは、電気代にもならないのではないか、と心配した次第です。

改正健康増進法とメディアの論調

 7月1日、「改正健康増進法」が一部施行されました。7月1日と2日、新聞各紙の論調を比較してみます。
 まず、最も大きく取り上げたのは、毎日新聞でした。2面と社会面トップ、そして都内版では調布市の条例を報じています。
 しかし、その内容はかなり消極的なのが残念でした。2面では「大学全面禁煙6校のみ」-「大規模51校“隠れ喫煙”懸念」というもので、社会面では「進まぬ全面禁煙」という大きな見出しでした。
 朝日新聞は第二社会面で、これまた「喫煙者締め出され…周辺懸念」というタイトルでしたので、これも褒められたものではありませんでした。東京新聞は1面左肩の扱い。「学校・病院・役所 悪質違反者に罰則」ということでまあ、合格点でしょう。
 1日の夕刊では日本経済新聞が「学校や病院 禁煙に」―悪質違反者に罰則―という見出しでした。同じく1日の夕刊で東京新聞は「役所や学校 敷地内原則禁煙」としましたが、サブ・タイトルが「「健康にいい」/愛煙家“さらに肩身狭く”」として、これは問題でした。2日は読売新聞が、社会面トップで「屋内禁煙スタート」と大きな見出しでしたが、サブタイトルが「吸いたい 公園へゾロゾロ」ということで、「都庁のたばこ難民が近くの公園に流入し…」などとかなり禁煙の足を引っ張る記述。産経も「煙たがられる屋外喫煙所」というタイトルで、本文では「今さらやめられないし肩身が狭くなるばかりだと嘆く」などと、これまた禁煙推進に冷や水をかけるかのようなコメントでした。
タバコ問題を取り上げる際に、どうしてこのような“決まり文句”が使われてしまうのでしょうか。「愛煙家」という言葉は死語にすべきと思います。
多くの喫煙者が内心“やめられればやめたい”と思いながらニコチンの強い薬理作用によってやめられない実態があるにも関わらず、タバコを吸っている人を「愛煙家」と決めつけている記者やコメンテーターの意識変革が必要ですね。
私は以前から、喫煙者=哀しい煙の囚われ人ということで「哀煙家」を提唱しています。またタバコは「嗜好品」とされていますが、これは文字通り死に向かう商品ですから「死向品」というのがピタリではないでしょうか。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる