FC2ブログ

今日は何の日=「嫌煙権運動」誕生の日

「今日は何の日」=「嫌煙権運動誕生の日」です

 1978年2月18日、東京・四谷の写真文化会館会議室で、中田みどりさんの呼びかけで
「嫌煙権確立をめざす人びとの会」の発足集会が行われました。
 この日、発起人の中田みどりさんの挨拶の後、日本消費者連盟の安藤英雄事務局長、新宿駅長・熊澤健三氏、弁護士・伊佐山芳郎氏などが、それぞれの立場で発言、ノン・スモーカーサイドの運動として、「嫌煙権」のキーワードが大きな反響を呼び、狭い会議室は、全国各地から参加したタバコ公害に悩んでいる人たちと、テレビ各社のカメラ、多数の新聞記者で、冬というのに、熱気あふれる集会となりました。
 この日の司会・進行役を務めたのが私でした。ヘビー・スモーカーだった私は、前年の5月6日、運転免許証の1年停止となった日を機に、翌7日から、当時1日60本も吸っていたタバコと「断煙」し、以後今日まで44年間、ただの1本も吸っておりません。
 もしあの日、「運転免許の1年停止」という処分を受けていなかったら、そして1日60本ものタバコを吸い続けていたら、とうの昔に〝あの世〟に逝っていたはずです。
 世の中には「偶然」という出来事が沢山ありますが、実は、私がタバコをやめた同じ1977年5月に、札幌で、黒木俊郎弁護士の呼びかけで「非喫煙者を守る会」が結成されており、この団体が、我が国で初めて〝タバコを吸わない人たちの会”の誕生でした。さらにその年の秋、名古屋でウーマンリブの女性たちが声を上げて「タバコの害を追放する女たちの会」
(発足後すぐに「人びとの会」と改称)が、全く横の連絡も何もなしに運動を始めていたのです。従って、「嫌煙権確立をめざす人びとの会」は、非喫煙者サイドからの取り組みとしては3番目だったわけですが、やはり「嫌煙権」というネーミングの面白さから、メディアが大きく取り上げて、それこそ「燎原の火」のように、全国に広がっていきました。
 もし当時「流行語大賞」があれば、この「嫌煙権」が、1978年のナンバー1となっていたことは想像に難くありません。
 その年から43年、国会では「改正健康増進法」が、そして「東京都受動喫煙防止条例」がすでに施行され、タバコの煙に悩まされる頻度は激減してはいますが、まだまだ職場、飲食店、居酒屋などでの受動喫煙被害は全面解決には至っておらず、また、歩行喫煙や公園
の喫煙問題も現在、大きな社会問題として残されています。
※(国会内の「喫煙所」や、仙台の勾当台公園におけるJTの「喫煙所」確保の動きは、
  正に時代の流れに逆行する問題となっています)
また、最近ではタバコ各社の「新型タバコ」の拡販政策も目に余り、まだまだ禁煙・嫌煙権運動の手を緩めるわけには参りません。
反喫煙運動の関係者と報道機関の皆さまの、一層のご支援・ご協力を期待しております。
≪嫌煙権運動誕生の日に:渡辺文学≫
  
 
スポンサーサイト



満2年目を迎えた「吸い殻拾い」

 2019年1月20日から“Think Globally, Act Locally!”(地球規模で考え、足元から行動を!)を念頭に、京王線・芦花公園駅周辺の吸い殻拾いを始めてから本日でちょうど2年目を迎えました。今日から3年目に入ります。拾った総本数は36,655本となりました。1日平均では58.3本となっています◆朝の散歩の際の僅か30分間にこれだけの本数が落ちているということは、全国的には一体何百万本・何千万本が捨てられているのでしょうか◆街頭、家庭、自治体、公園等で捨てられた吸い殻は、毎日、全国の清掃工場で燃やされており、汚染物質が大気中に放出されています。また排水溝に捨てられた吸い殻は河川・湖沼を汚し最終的には海を汚染しています◆タバコ会社とコンビニ会社は早急に話し合って「吸い殻買い取り制度」を設け、1本1円でいいから引き取るべきです◆街の美観を損ない、河川・海を汚染している“ポイ捨て問題”の9割以上は解決するはずです。(渡辺文学)

「禁煙業」40年

事務所の誓うの出版社のカベに、漫画家のいがらしみちおさんの「詩」が、大きく書かれていました。
題して「画業40周年」です。私も、「嫌煙権運動」「禁煙運動」が本格的に動き始めてから、40周年
ですので、このいがらしみちをさんの「詩」には、何か特別なものを感じましたので、紹介させて頂き
ます。

いがらしみちお「画業」40周年

毎日やる
長くやる
毎日やることは
毎日やらないとわからない
長くやることも
長くやらないとわからない

毎日やると
これだったのかな
って思うときがある

長くやると
やってきてよかったな
って思うときがある

でも
それは自分にしかわからないよ
それをわかってくれるのは自分だけだよ
ああ
自分てすごいなあ
自分てすごいなあ

ポイ捨て惨歌

タバコ&ごみ「ポイ捨て惨歌」
  -吸い殻拾い555回を記念して―
             クリーン世田谷勝手連 渡辺 文学
昨年1月20日から 朝の散歩のモク拾い 
毎日・毎朝拾います 京王線の芦花公園 
駅の周りを歩きます 右手に小さなトング持ち 
左手二つのレジ袋 一つはポイ捨てタバコです
道路の上の吸い殻は 遠くからでも目立ちます 
中にはそのままポイ捨てで 危ない吸い殻火を消さず 
風でも強く吹いてれば 付近のゴミに燃え移り 
火災の危険も生じます
ゴミも沢山落ちてます ペットボトルに空き缶と 
タバコの空き箱紙くずや コンビニ・レシート目立ちます 
割り箸、ガムの銀紙も あちらこちらに落ちている 
タバコとゴミを拾ったら それをカメラではいパチリ 
これまで拾った吸い殻を 毎日メモして記録する 
とにかくポイ捨て無くしたい 区長や区議の皆さんに 
時々写真を送ります 最近コンビニ社長にもポイ捨て
禁止を呼び掛けて 手紙を送ってみたところ
セブンイレブン担当者 ファミリーマートの担当者 
続いて返事をくれました ローソンからは無視された
何も買わないこととする
電鉄会社の社長にも 手紙を送ってみたところ
サービス担当課長から 返事が届いて喜んだ
クリーン世田谷勝手連 ゼッケン付けて訴える 
街や道路を汚さずに きれいにしたいその願い 
天に届けと思ってる ゴミゼロ宣言して欲しい 

マイルス・デイヴィス

このほど、「マイルス・デイヴィス クールの誕生」という映画を観てきました。
史上もっとも有名なジャズ・トランペッターの一人として知られるマイルス・デイビス。
ジャズの歴史上、彼はどんな偉業を成し遂げたのか。そして、マイルス・デイビスとは
どんな人だったのか。約2時間の上映時間の中では、彼自身の「声」と、彼がかかわりを
持った多くのジャズメン、音楽評論家、付き合った女性たちの「想い出ナレーション」で
綴った映画でした。しかし、「タバコ」のシーンが多かったのは残念でしたね。
 彼の「声」は酷い声でした。それも道理、当時のジャズメンは、演奏中でも、
自分の出番でないときは、タバコを吸っているのです。マイルス・デイヴィスも例外に
漏れず、ヘビースモーカーであり、かつまた一時期、コカインの常習者でもありました。
 学生時代、新宿・渋谷の「ジャズ喫茶」に度々通っていた私ですが、当時は店内全体に
紫煙が漂い、自身もタバコをくゆらしながら「ジャズ」を楽しんでいた時代でした。
 今思えば「能動喫煙」と「受動喫煙」で肺をたっぷり痛め付けていたわけですねぇ。
 映画でもっとも印象に残ったのは、フランス映画『死刑台のエレベーター』の音楽
でした。映画の画面を見ながら、マイルスのトランペットが主演女優のジャンヌ・モローの
心理状況を即興演奏で表現していくのです。
 その他、場面、場面でのマイルスのトランペットに、60年ぶりに「ジャズ」の楽しさを
味わってきました。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる